優しい劇団 第二回公演

​野田秀樹・作 尾﨑優人・演出

​『表に出ろいっ!』

2019.3.2(土)

3.3(日)

名古屋大曽根 PICO2にて

 CAST 
 
可児穂野香(優しい劇団)
尾﨑優人(優しい劇団)
礒谷菜々
 STAFF 

 

舞台監督・大岩 右季 (優しい劇団)

照明・大岩 右季                    

音響・磯部 航汰                    

映像・大岩 右季                    

   小道具・ミュウ(劇団マネキン)

可児 穂野香   

大道具・優しい劇団                     

衣装・可児 穂野香                

制作・大岩 右季                    

    野村 知代      

    柳川 十三      

    水谷 朋加(劇団新生)

撮影・磯部 航汰     

 

演出・尾﨑 優人      

「ある日、家から出れなくなった。」
何かにハマるあまり、崩壊しかけている能楽師一家のあまりにもバカバカしい家族ゲンカ。
その夜、誰かが飼い犬の出産を見守らなければならない。
しかし、家族三人それぞれにはどうしても外出したい用事があった。
留守番を擦り付け合うなか、長年の家族の不満が爆発する。
家族はどこへ向かうのか
いったい誰が表に出るのか

野田秀樹と歌舞伎が僕の演劇の原点でした。

––尾﨑優人

優しい劇団第二回公演は
野田秀樹と中村勘三郎の夫婦役で話題となった舞台
『表に出ろいっ!』
可児VS尾崎 
特権的肉体のぶつけ合い。
優しい劇団が
野田秀樹の伝説を塗り替えます。

ごあいさつ

―優しい劇団第二回公演『表に出ろいっ!』

 

皆様のおかげで何とか2回目の公演を打つことが出来ました。

今回やるお芝居は、『表に出ろいっ!』

何かを信じるあまり、偏愛するあまり崩壊しかけている家族の話です。

信じるって何かってのを、今回の公演で座組一同考えさせられるきっかけとなりました。

信じ過ぎたら相手に迷惑かかる気がするし、重いとか言われそうだし。

面倒くさいもんだと思います。人間同士は特に。

だから、何か、人でないもの、もしくは、手の届かないものを、信じようとするんです。

動物は裏切らないし、アイドルは笑顔を絶やさない、二次元のキャラクターは

嘘をつかないし、ずっとそのままの姿でいてくれる。

 

すがっちゃうんですよね。救済を求めようとして、自分の期待に応えてくれるモノだけを信じる。

きっとそんな事ばかりしてたらいつか、人は人を信じられなくなるし、

何もかもがコンピュータみたいな、そんな映画みたいな世界になっちゃうんでしょうし、

もう少しずつなってきてるのかも知れません。

事実は小説より奇なり。かもしれないけど、小説は事実よりきっと優しいんです。

 

職場よりアニメのほうが、旦那さんよりもアイドルの方が、勉強なんかよりゲームの方が

きっと、世界に優しいんです。

 

けど、人が人を信じられないなんて世界は絶対嫌だから、劇団員や座組を信じて生き続けたいし、

応援してくれる家族やお客様の信頼に応えたいし、どれだけ現実が残酷でも、

どれだけ妄想が、みんなの頭の中の神様が優しくても、

目の前にいる友人の方が最高なんだぜって。

実は世界って優しいんだぜって、大きな声を出して讃えていかないといけないんです。

世界への讃歌を、どれだけ世界が冷たくてもその世界を讃える歌を、

そして、世界を優しくしていくひとりひとりの人間の優しさを讃える讃歌を

優しい劇団は、歌っていきます。頑張るアナタにアナタ讃歌を。

信じましょう。信じる者が救われる優しい世界にしましょう。

アナタが最愛のナニカを信じることが辛くなったとき、心の涙がこぼれてしまうそんな時、

涙を拭う事が出来るハンカチのような演劇を、

出来ると、信じて! やっていきます。

 

本当にありがとうございました。

                                             

 

優しい劇団 尾﨑 優人

​ギャラリー

  • ホワイトTwitterのアイコン

©2018-  KIND THEATER, All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now